シュナウザーのカットと飼い方入門

シュナウザーのカットと飼い方入門です。ミニチュア シュナウザー,スタンダード シュナウザー,ジャイアント シュナウザー,シュナウザーのカット,シュナウザーのブリーダーのご紹介です。

シュナウザーの原産地

シュナウザーはドイツが原産の犬になります。名称はドイツ語で「小さいひげ」という意味があります。シュナウザーはとても人気まのある品種ですので、犬好きの間ですっかり定着しています。

シュナウザーの種類

シュナウザーは犬自体の体の大きさによって、3つに分類されます。小さい順番にミニチュア、スタンダード、ジャイアントと呼ばれています。これらの中ではスタンダードが一番歴史が古く、ほかのミニチュアとジャイアントはスタンダードを改良して誕生した犬種になります。

シュナウザーの役割

スタンダードシュナウザーは、もともと羊の番犬として人間と暮らしていました。その後家畜を追い立てるための大型化が求められたために、品種改良が行われジャイアントシュナウザーという犬種が生み出されました。さらにネズミを追い立てるためにミニチュアシュナウザーも品種改良が行われ誕生しました。

シュナウザーの身体的な特徴

シュナウザーの身体的な特徴は、そのヒゲと、横から見たときにほぼ正方形の体型が挙げられます。さらに、動きはすばやく、その上、タフなことが特徴的で、有名です。 体の被毛も特徴的です。被毛は硬い上毛と、柔らかい下毛の二重構造になっており、ヒゲや眉から垂れる長い毛によって表情が豊かになり、人気の秘密にもなっています。 第二次世界大戦が終わってからは、ペットとしても注目を集めるようになりました。活発的な動きと、独特の姿、豊かな表情でとても人気が集まるようになりました。

ミニチュアシュナウザーが人気に

近年は、ミニチュアシュナウザーが愛くるしい姿をしているために、ペットして高い人気を得ています。 ミニチュアの特徴はなんといっても、好奇心の強いところです。さらに、遊び好きでもありますので、愛情深く、なつきやすい点もとても人気の原因となっています。さらに、もともとは、家畜の面倒を見ていた犬ですので、マナーもよく、活発で頭がよく従順な点も上げられます。これらの特徴のために、扱いやすいペットといえると思います。

最良の家庭犬

シュナウザーの長所としては、支配欲や攻撃的な面が少なく、他の犬と仲良くなれることも多いといえます。そのような性格をしていても、本来の役目のひとつだった番犬としての役目も勇敢さや注意深さは、失われていませんので、しっかり番犬の役割を果たしてくれます。 「最良の家庭犬」という評価も与えられることもあるほどです。

シュナウザーの育て方

シュナウザーは、悪天候や暑さ、寒さへの適応力が高い動物なので、屋外で飼育することもできますが、屋内で室内犬として育てるのが良いです。 寿命としては、平均12歳~14歳程度はあります。 シュナウザーは、丹念なケアが必要になります。 コーミング(櫛で整えること)を行い、 2~3ヵ月に一回はトリミング(毛を抜いたり、毛をバリカンで刈ったり、ハサミで切って整えること)をすることが必要になってきます。 病気としては白内障や網膜萎縮症といった目の病気や、尿石症などにかかりやすいといわれています。とくに目の病気については、その原因が遺伝的なものになることが多いといわれています。 愛くるしく、育てやすいシュナウザーは理想的なペットとして最高です。シュナウザーは今後ますます人気が高まると思います。これから犬を飼おうと思っている方はぜひ一度シュナウザーを検討してみて下さい。